苦痛だった脱毛処理が、いまではずいぶんと楽に・・・

幼い頃から剛毛で、どう毛を処理しようか、ということについては、もうずいぶん長い間悩んでいます。
大学生まではお金がなく、脱毛にお金をかけられないため、除毛クリームや脱毛テープ、カミソリ処理等で除毛・脱毛処理をしていましたが、
もともとあまり肌が強くないこともあり、肌荒れを起こし、彼氏から心配されるような日々を送っていました。

社会人になってからはお金を貯め、全6回の全身脱毛を計2回行いました。
「脱毛ラボ」というサロンで、光を照射するタイプの脱毛器で脱毛していました。
医療用の永久脱毛ではないため、12回の照射が終わった今でも、まだチラホラと毛は生え続けていますが、
剛毛の人どころか、普通の人に比べてもずいぶんと毛は薄くなったと実感しています。

実際、脇や手足は、夏場でも1か月近く処理をせず放っておいても、あまり毛が気になりません。
さすがに毛の濃いVIOは、サロンでの脱毛後でも結構毛が残ってしまったため、その部分のみ、「KENON」という家庭用の脱毛器を使って処理を続けています。
家庭用なので完全に毛のなくなっている状態ではありませんが、こちらも2年近く愛用を続けていることもあり、半分以上の毛はなくなった、という実感があります。

長い間、脱毛処理が苦痛で仕方ありませんでしたが、今ではほとんどノンストレスで過ごすことができ、
サロンでの脱毛、高額な家庭用脱毛器への投資に満足しています。